ケーキ×筑前煮?意外と合う“おかずケーキ”が話題【あらいーな】(2021年1月19日)

ケーキ×筑前煮?意外と合う“おかずケーキ”が話題【あらいーな】(2021年1月19日)

0

#新井恵理那 #あらいーな #おかずケーキ

ちまたで話題の“ちょっといーな”情報を、日替わりで紹介する「新井恵理那のあら、いーな!」。

19日のテーマは「食べてびっくり!“進化型ケーキ”」です。

コロナ禍の今、一風変わったケーキが人気です。
 
■話題の“進化型ケーキ”・・・その中身は〇〇〇

今回、紹介するのはケーキの“進化型”です。

コロナ禍の今、実は、東京・三軒茶屋駅の隣、駒澤大学駅にあるテイクアウト専門店のとあるケーキが大きな話題になっています。

駅から歩くこと1分。住宅街にひっそりとたたずむのが、話題のケーキを売る店「amacoven LABO」です。

フードコーディネーターのあまこようこさんが、テレビや雑誌で料理を教える仕事のほかにも、自ら考えた料理を店で販売しています。

そんなあまこさんが考案の進化型ケーキ。
今回は特別に、あまこさんのアトリエで作りたてのケーキを頂きました。

■ケーキの中身は・・・フルーツではなく“おかず”!?

見た目はカラフルな手のひらサイズのカップケーキですが、手に取ってみると温かいです。

その理由は中身にありました。
中に入っているのは、「エビチリ」や「ビーフシチュー」です。

その名も“おかずケーキ”。
これがあまこさん考案の進化型ケーキで、中にはフルーツではなく、文字通り、おかずが入っています。

「筑前煮」が入ったものや、ほかにも「ナポリタン」や「オニオングラタンスープ」など、現在販売中のおかずケーキは11種類もあります。

■おかずに合わせ2年かけて開発!こだわりの“生地”

もちろんおかずの味は折り紙付きですが、一見合わなそうな、おかずとケーキ生地がベストマッチしています。

実はこの生地、おかずの味一つひとつにマッチするものを、なんと2年かけて開発したそうです。

おかずの水分量に合わせベーキングパウダーを調節したり、「エビチリ」ケーキの生地には、チリソースを混ぜ込むこだわりようです。

■「ポケットから出せる」手軽で栄養満点のケーキを

あまこさんはおかずケーキを作ろうと思った理由について、「忙しく働いている人が、ポケットからおにぎりを出すことがあった。お昼とか忙しいと食べられないじゃないですか。ポケットから出すような、手軽なものを作れれば良いな、栄養バランス満点でできないかなと思って」と話します。

コロナ禍の今、手軽なおやつとしても人気のおかずケーキ。
皆さんも、リモートワークのお供にぜひ。

[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

レシピカテゴリの最新記事